大分県のケンサキイカ釣り ウキ釣り

大分県海辺では7月中旬から、ケンサキイカが釣れ始めて、お盆前に最盛期が終わります。
年によっては9月過ぎまで釣れる年もあります。
大分県でケンサキイカが釣れるポイントは少ないので、ケンサキイカの時期になると夜の釣り場は釣り人がたくさん訪れます。

ケンサキイカ釣りはウキを使ったエサ釣りと、エギングに大別されます。
ウキ釣りの場合は、遠投と浅ダナが釣果のキモになります。

30〜40mの超遠投

ケンサキイカは、沖の本流でエサを追う傾向があります。
そのため、沖の本流に仕掛けを乗せることができるか、否かが釣果の分かれ目となります。
そのため、仕掛けを最低でも30m、40m以上を投げることが必須となります。
仕掛けを飛ばすのにもっとも重要なのが竿と道糸です。
仕掛け自体が重たいので、竿が柔らかすぎると上手く仕掛けを飛ばすことができません。
かといって竿が硬過ぎると、仕掛けを飛ばすことができてもケンサキイカがバレやすくなります。
ケンサキイカのウキ釣りでちょうどよい竿の硬さは、1.5号前後が適性でしょう。
また、道糸については1.75〜2号が適正だと考えます。
それよりも細いと、仕掛けを飛ばせても海面の浮遊物に糸が触れて切れやすくなるリスクがあります。
道糸が太過ぎると飛距離が落ちたり、感度が落ちたりするので注意をしましょう。

タナは1m以内

ケンサキイカのタナは海面から深くても1mを意識して狙います。
タナが浅すぎてウキへのアタリが出ないことが多々あるので、ハリスにケミホタルを装着しましょう。
ウキの動きとは逆方向にケミホタルが動いているときには、ケンサキイカがエサに触っていると判断してアワセを入れましょう。
また、ケンサキイカはリアクションバイトをすることがよくあるので、常に誘いを入れ続けることが釣果アップのコツです。

ケンサキイカ釣りのオススメポイント

浜から狙えるケンサキイカ

外灯がとても明るい!夏はケンサキイカが人気

ケンサキイカの名所、アジ&メバルゲームもよし!

イカや青物の釣果も際立つ

夏のアジ&ケンサキイカ、砂浜でキャンプもよし!

ケンサキイカは大分県内でもトップクラスの実績