大分県の遠投サビキ釣り

大分県のサビキ釣りで釣れる魚

アジ(ゼンゴ)、サバ、コノシロ、イワシ

堤防釣りで大人気、遠投サビキ釣り

遠投サビキ釣りは、大分のアジ釣りでもっとも使われる仕掛けです。
通常のサビキ仕掛けに、ウキとウキ止め、シモリ玉が付いています。

遠投サビキ釣りのコツは、タナを合わせることです。
ウキ止めの位置を上下して、タナを合わせてください。
アジが釣れるタナがよくわからないときは、下カゴからウキ止めまでを5mに合わせて様子見しましょう。
アタリがなければ、ウキ止めをズラして、魚のアタリがあるまで少しずつ深く設定しましょう。
また、周囲の釣り人のウキ止めの位置を見る、尋ねるなどするのもよいでしょう。

遠投サビキ釣りは竿が硬くないと仕掛けを上手に飛ばせないので、予め硬めの竿を準備して釣行しましょう。

サビキ釣りと遠投サビキ釣り

サビキ釣りには通常の「サビキ仕掛け」と、「遠投サビキ仕掛け」の2種類があります。
釣り初心者はついつい、「仕掛けを飛ばした方が大きなアジが釣れたり、数がたくさん釣れるのでは?」と思いがちですが、それはケースバイケースです。
釣り場へ向かう途中に立ち寄る釣具店さんで話を聞いたり、現地で釣れてる人の釣り方を見て仕掛けの判断をしましょう。

遠投サビキ釣りはウキとウキ止めが付いている分だけ仕掛け作りが複雑で、投げる分だけ手返しが遅くなります。
また、竿の性能によって思うように仕掛けを飛ばせないこともあります。
そのため、釣り初心者はできるだけ、足元で釣るようにすることをオススメします。

サビキ釣りの臭い対策

サビキ釣りのエサはとても臭いので、なるべく手に触れないようにしましょう。
エサに触れた場合、海水で手を洗うだけでは臭いが落ちないので、水で手を洗うようにしましょう(飲み水以外に、十分な量の手洗い用の水も準備)。
消臭に特化したウェットティッシュがあるとなおよいです。

【遠投サビキ釣り】釣り初心者にオススメの港

家族のサビキ釣り、ショアジギングにオススメ

車を横付け、アジのサビキ釣りで大人気

家族で楽しむ、ゼンゴ釣りの定番ポイント

作成中です

アジ釣りの人気釣り場、ファミリーにオススメ!

フラットで広い堤防、安定してアジが狙える